これがグランピング!?キャンプは新境地へ

  グラマラスなキャンプ!?

出典:foundily.com

 

大自然に囲まれて、ゆっくりと時間の流れを感じながらリラックス。あるいは気の合う仲間達とBBQに、夜は火を囲んで心ゆくまで語らう。多少の不便さが醍醐味だ!など、キャンプには日々の生活の中で味わうことができないものがぎゅっと詰まってますよね。

 

いっぽうで、キャンプには行きたいけど道具の準備がめんどくさい。

テントの設置で服を汚したくない、虫や気温、天気など快適さに欠ける という理由で決行に至らないという方も中にはいるのでは?そんな方にぜひオススメしたいのが、芸能人やセレブも大注目の新しいアウトドアスタイル-「グランピング」です!!!

まず、グランピングとは?

出典:foundily.com

Glamorous × Camping

グラマラス(魅力的な) ×  キャンピング 

 

このふたつの言葉が掛け合わさって生まれた造語が【グランピング です。このグラマラス、そしてラグジュアリーなキャンプの勢いは世界各国に浸透し、日本でも急速に広がり始めています。

でも直訳 – 魅力的なキャンプ – ってかなり抽象度が高いですよね。「魅力的だと全部グランピングになるの?」という疑問の声があがるのも無理はありません。そこで調べてみると、実は海外ではもっと  glorious camping (それぞれが讃えあえるキャンプ)や luxury camping (豪華で贅沢なキャンプ)、comfortable camping (快適なキャンプ) など、多様な表現をされていました。

これらの表現をまとめましょう。

グランピングの定義は、キャンプの醍醐味を享受できながらも快適に過ごすことができ、ネガティブな側面を排除したモノ。要はキャンプのいいとこ取りしちゃったってことなんです。

グランピングはモンゴル原型アフリカ発祥!?

グランピングの進化過程 – その原型

gel

起源は遡ること西暦1100年、初代皇帝チンギス・ハンが築き上げたモンゴル帝国にその原型が生まれました。家屋の「ゲル」です。遊牧民族は、ゲルを組み立て、快適に暮らせるように、ベッドやテーブルなどの家具を置いて生活していました。このスタイルが、グランピングの原型だといわれています。

 

 

そして1900年代になると、より今のグランピングに近い形になります。欧米人がアフリカへの視察を行った際に、サファリ砂漠でも快適なキャンプ生活をしようと内装にダブルベッド、アンティーク家具、ペルシャラグなどを使用。シェフを呼んで豪華な食事も用意させたんだとか。そしてそのスタイルから今度は100年の時を経て、

英国・アイルランド・アフリカ→ オーストラリア・ニュージランド → 米国・カナダ → アジア・日本(2015年)

この流れでグランピングが広まっていったと云われています。

 

グランピングが広まり始めた背景には、近年の長寿化と健康志向に対する更なる意識の向上があると言われています。ITのおそるべき進化の速さで人々の生活は見違えるほど利便性を高めました。一方、いつでもどこでもコミュニケーションがつながってしまうこと、早すぎる社会のスピードについていけないこと、情報過多など、色んな概要から感じるストレスで疲労感が増してきているのも現代グローバルの一面です。また、時代の流れが「モノ消費」から「コト消費」へ移り変わってきているのも人気を集めている理由のひとつかもしれません。消費者の嗜好がモノの所有から、コトや経験に価値を置いている現在、自然のなかで非日常を体験できるグランピングは、とても有意義な“コト消費”といえます。自然へ回帰でき、かつ過剰すぎないグランピングが人々を魅了している理由だと言えるでしょう。

出典:taicoclub.com

大切なのは、グラマラスであること

今や世界的に人気のグランピング。ひとことでグランピングといっても、その宿泊スタイルはさまざま。テントのほか、キャビン、ツリーハウス、トレーラー、コテージなど、サービスも施設によって異なるため、自分たちに合った選択をすることがとても重要になるのです。肝はやはり「グラマラス」。提供されているラグジュアリーな設備を、自分仕様にコーディネートするもよし。インテリアに合わせた服を着たりなんかして統一感を出すと、雰囲気も盛り上がること間違いなし!用意はしすぎず、手ブラでふらっと行っちゃうのも非常にアリです。

出典:glamp.jp

グランピングを通して素敵な時間を。

夏はもちろんですが、秋には“ハロウィンキャンプ”を、冬なら“クリスマスグランピング”を。秋は分かるけど、寒い冬にグランピング?と思うかもしれませんが、冬のグランピングにも魅力があるのです。防寒用具の用意は必須になりますが、熱帯夜に虫との闘いになりがちな夏よりも、薪ストーブや、外で火をおこして非日常の時間を過ごせる冬は、家族や友人、カップルの絆をより一層深めてくれることでしょう。まだグランピングにはたくさんの楽しみ方があり、かなり応用も効くので自分だけのグランピングをぜひ見つけてくださいね。

 

グランピングがあなたの人生を少しでも豊かなものにしてくれますように…